ウイイレのマスターリーグを総括してみる 2028-29シーズン 中間発表!!!

マスターリーグ2028‐29シーズンの前半戦折り返しの総括をします。


引き続き、パリ・サンジェルマンを率いています。


シーズンを始めるにあたって、選手の補強を行いました。

移籍 IN: DMF ルーヴェン・ネーヴィス(←ポルト、48.2億円、31歳、総合値83)
     OMF ンワンコ・カヌ(←R・マドリー、59.9億円、34歳、総合値82    
     ST  アデモラ・ルックマン(←A・マドリー、23.0億円、30歳、総合値80)
     ST  イグナシオ・スコッコ(←未所属、0円、20歳、総合値80)
     CF  キャスパー・ドルベア(←アヤックス、100.2億円、31歳、総合値81)
     
移籍OUT:DMF ルイス・クック(→ラージョ、29.6億円、31歳、総合値80)
     OMF ルーカス・パケタ(→ハル、36.2億円、31歳、総合値78)
     CF  フィンセント・ヤンセン(→ラヌース、20.4億円、34歳、総合値77)

最大の移籍金は、ドルベア100億円ですね。ヤンセンよりもサブとして重宝できるだろうと思って獲得したんですが、思ったよりも値が張りました。100億円の価値は・・・多分ない。


以下、大会の総括です。


コパ・リベルタドーレス
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
パルメイラス2度目の優勝です。ロベラ初の得点王でした。無名選手ですが、この世界でのアルゼンチンリーグでは、得点ランキングの常連です。


AFCチャンピオンズリーグ
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
鹿島がついに初優勝です。しかも、転生ハーフナー・マイク得点王になりました。22歳で総合値82と、優良転生組なのもGOODですね。


カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
フルミネンセ4度目の優勝です。MVPテュラムは、21歳で総合値87と、大優良転生組です。得点王とアシスト王の2人は、まあ無名の選手アレクサンドロの方は、まあまあブラジルでは知られた選手かもしれない)ですが、20代前半で総合値80代前半なので、意外にも優良転生組ですね。
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg


スーペルリーガ・アルヘンティーナ
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
コロンが意外にも2度目の優勝です。よく優勝できたなと思いましたが、意外にも★4.5(★5が満点)の強さを持ったチームだったので、妥当と言えば妥当ですかね。MVPガルバン2度目の受賞です。アシスト王キャマラは、22歳で総合値89と、意外にも大優良転生組でした。
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg


PASリーグ
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg
MyClub LEGENDS12連覇しました。キーガン引退した後のシーズンでしたが、やっぱり強いです。オルテガ5度目のMVPでした。得点王ケイヒル20歳で総合値84優良転生組です。多分、このまま成長すれば、大優良転生組の仲間入りでしょう。
FotoJet.jpg
FotoJet.jpg


では、また。

この記事へのコメント

スポンサーリンク